FC2ブログ
魔法の石と癒しのお店「LittleCats」オーナーのBlogです。
2011年06月10日 (金) | 編集 |
5月の終わりごろのある夜の出来事♪
私は羽のある妖精たちと遭遇しました!

場所は、なんと、優瑠璃サンクチュアリの寝室で!!

寝室には大きな「シルクジャスミンの木」の鉢植えがあるのですが。。
ある夜、なんとなく目が覚めて、シルクジャスミンの方をみると・・・

岩塩ランプの灯りのみに照らされた室内で、
シルクジャスミンの木から蜃気楼のように放出されているオーラがはっきりと見えました。
そして、その葉っぱのひとつひとつが、風もないのに不規則にゆれていたのです。

なんだろう?
と、思って、ずっと見ていたら・・・
羽のある、たくさんの何かが葉っぱの間を飛び交っていたのですよ。

最初は昆虫かな?と思ってみたのですが、
その姿は、はっきりとした実体がないような雰囲気で・・・
シルエットのようなモノクロでしか判別できなかったのです。

それでも、ずっと見ていたら、羽が4枚あることがわかりました。
そして、飛ぶ姿はとても敏捷で、小さな青白い光をフラッシュのように光らせていました。
クリスタルに喩えるとタンザナイトとかカイヤナイトの色のような光でした。

ふと、我に返って、隣で寝ている愛猫KINGの方をみたら、
私と全くおなじほうを凝視していて・・・
飛び交う、羽の持ち主さんたちをキョロキョロと目で追っていたのでした(笑)

見れば見るほど、羽の持ち主たちは、妖精の絵とかでおなじみの羽精さんのようなお姿でした。
羽精とは、風の元素霊(シルフェ)を先祖に持つ妖精の一族だそうです。

でも、なぜ、我が家のシルクジャスミンの木にあんなにたくさんいたのかが
よくわからないのですよね(笑)・・・

まあ、優瑠璃サンクチュアリには、いろんな次元のいろんな存在たちが
やたらといらしゃるみたいなので、不思議ではないのですけど・・・

でも、肉眼で妖精を見たのは初めてだったので、嬉しかったです♪

ただ、姿を見たのはその夜だけなので、、、
できれば、また、お姿を拝見したいなとおもっています♪

しかし。。。
相変わらず、シルクジャスミンの木から放出されているオーラは
昼でも夜でもよ~くみえます♪

はっきりと目で捉えることができればできるほど・・・
ああ、シルクジャスミンさんも一生懸命に生きているのだな、と改めて感じます。

いつも、優瑠璃の寝室で二酸化炭素を吸収して、
その代わりに新鮮な酸素を作り出してくれていると思うと・・・
ほんとに、感謝、感謝なのでした。