FC2ブログ
魔法の石と癒しのお店「LittleCats」オーナーのBlogです。
2016年03月29日 (火) | 編集 |
フローライト祭でにぎわっている3月のLittleCats(*´▽`*)
優瑠璃も改めてフローライトの素晴らしさにKOされて・・・
原石やら八面体やら・・・ポリッシュやらを次々にGETし
コレクションに加えていっております♪

そして、フローライトって、こんなに素敵だったかしら・・?
・・・と、毎日惚れ直しています(笑)

これからコツコツと・・・。
世界のフローライト産地のいろんなカラーのクラスターを
集めていきたいな~~~と思っているところです♪

そして、やっぱり八面体~~~(*´▽`*)
クラスターもいいけれど・・・
八面体は特別好きです♪

なかでも、
ブルーフローライトの八面体が1番好きですよ♪
やっぱり、「天空の城ラピュタ」の「巨大飛行石」とか・・・
「ふしぎの海のナディア」の「ブルーウォーター」が
この八面体の形をしていたというのもあり・・・。

なにやら幻の文明への道しるべ的ポジションとして
アニメの世界などで扱われていることにロマンを感じてしまうのでしょうかね・・。

もともと、フローライトの八面体はクリスタルヒーリングのツールとして
以前から10数個はもっていました・・・。

でも・・・。
八面体のフローライトってたくさん集まっているほうが
なんだか素敵さが増す気がします♪

しかも、ブルーをいっぱい集めたい衝動がMAXになっているので・・・

ブルーフローライトBIG八面体

ついにGETしました・・・。
こ~んなBIGなブルーフローライトの八面体を(*´▽`*)
対角線が8㎝以上ある巨大なお姿・・・・。




えっと・・。
普通の八面体の大きさは・・・

八面体のビン詰め

この瓶の中の青以外の大きさをご参照くださいね♪
このブルーフローライト八面体がどれほど大きいかわかりますよね♪

ああ・・・。綺麗な綺麗なブルー・・・・。
この瓶の中の八面体を全部青色にしたい~~~!
青の大・小八面体で埋め尽くしたい~~( *´艸`)




ブルーフローライトBIG八面体

実はですね。
この八面体はただの八面体ではないのです。

今では閉山したイリノイ州の鉱山のもの・・・
しかも。
ラベルにあった鉱山名と採掘した会社名から推測すると・・・
かなり古~~い八面体さんのようです(^_-)-☆


出会えてうれしいですヽ(^o^)丿




画像ではわかりにくいのですが・・・・

ブルーフローライトBIG八面体

実物は息をのむほど、とってもとっても透明度が高くて・・・
この「あお」のなかに飛び込んで泳ぎたい~~~~♪という気持ちになります(笑)

本当に、この「透明なあお」をみているだけで
ハートが清められていくようなクリアな気分になりますよ♪


そして内部にうっすらと・・・・・
ブルーフローライトBIG八面体

紫色や無色のフローライトも含有していて幻想的ですヽ(^o^)丿
パイライトも含有しているような・・・・。


ずっとみていても見飽きない存在感とエネルギーです♪

ブルーフローライトBIG八面体

とってもとっても特別なものなので・・・。
かなり高額な八面体でしたが・・・
清水の舞台から飛び降りるいきおいで・・・GETしましたとも♪
とっても幸せな気分です(*´▽`*)


さて。
店内には実は同じような大きさの八面体がもう1個だけありますよ(*´▽`*)
そちらは、クリアと紫がメインカラーですけど・・・
紫の中にうっすらとブルーが入っていて美しいです♪
(画像がなくてすみません・・・)

しかも、なんだか星空を連想させるようなキラキラ光っているものが内包されていましたよ♪
パイライトかしら・??と思っていましたが・・・
もしかしてもしかすると「オイル」かもしれません♪
イリノイ産の透明と紫のフローライトにはたまにオイル入りがあるんだとか・・・。

なので、今、店内にあるBIG八面体は・・・
かなりすごいものかもしれません♪

水曜日は定休日ですから・・・
木曜日にブラックライトをあててもう一度よく見てみなくてはいけませんねっ♪
木曜日のスタッフブログで画像入りで紹介があると思いますのでお楽しみにしていてくださいね♪


それでは~~~~!
今宵はこのあたりで・・・・。

青い巨大八面体を見つめながら・・・・
うっとりまったりした後、眠りたいと思います~~~(*´▽`*)


いつも目につく場所に飾って眺めたいのはやまやまですが・・・
フローライトさんは退色の激しいクリスタル・・・。

こんなにレアな巨大八面体さんには
二度とお目にかかれないと思いますので・・・
絶対に日光に当てないように気を付けて、
かつ比較的暗所に保管しないとね・・・。

大切に大切にされながら
優瑠璃のもとまでたどり着いてくれた八面体さんでしょうからね・・・。