FC2ブログ
魔法の石と癒しのお店「LittleCats」オーナーのBlogです。
2014年11月02日 (日) | 編集 |
の続きです。


さて、こちらはエレフィセントの居城~!

15

「300年間の恨みはらさでおくものか!!
命の水も飲んだことだ。
ワタクシのパワーも復活しておる♪」

16

「地の底のしもべたちよ~~~!
このエレフィセントのもとへ集うのじゃ!!」



17

「お呼びですニャ~~~(*´▽`*)
エレフィセント様~~~~!」

「お久しぶりですニャ~~~♪
また世界を闇で覆い尽くすんですニャ~~~~(*´▽`*)」

「やってやりますニャ~~~~♪♪」
「エイエイオーーーですニャ~~~(*´▽`*)」


3

「ふふふ・・・(^_-)-☆
たのもしいしもべたちじゃ♪
これでワタクシの世界は名実ともに復活するのじゃ。」


ピンポーーーーン♪


◆    ◆    ◆


・・・ん??
だれか来たようですよ・・・?

ドアの前には、なんとララが立っていました。

「なんともどんくさい姿の娘じゃ・・・・・
なに?召使になりたいじゃと??
ま、いいだろう。300年分の掃除をしてもらおう♪」

エレフィセントは意外にもあっさりっとララを雇い入れてしまったようです。


12
心の中でガッツポーズをしながら、初々しそうな挨拶をして。
潜入に成功したララは、城の中を知るために掃除に勤しみました。


が。。。。。

エレフィセンは容赦なくララをこき使います。


13

「これ、もっと腰を入れぬか、娘。
それではピカピカにならぬではないか!!!」

「あ、それが終わったら窓もふくのだぞ。」
「それも終わったら湯あみの支度をしておくれ~♪」

「そのあとは、命のお菓子を調達してくるのじゃ。」


などと、我儘放題♪


14

「良い気になっていられるのも今もうちよ、エレフィセント!
今に見てらっしゃい!!!!!」

と、心の中でつぶやくララ。

ララの忍耐は間もなく爆発しそうな勢いですね(笑)
さて、どうなるのでしょう・・・。

つづく。