FC2ブログ
魔法の石と癒しのお店「LittleCats」オーナーのBlogです。
2014年11月02日 (日) | 編集 |
の続きです。


月の女神の力が込められたかぼちゃを武器に
エレフィセントを攻撃し続けるララ~!

23

「く。苦しい~~~~。やめよ。やめるのじゃ!!!!」

24

「300年ぶりに自由になったというのに・・・・」
エレフィセントは叫びます・・。
「何故その方らはワタクシたちをいじめるのじゃ!!!!!!」
「闇があって何が悪い・・。光だけの世界ではあるまい!!」

「あ・・・・」

25

声もむなしく・・・。
エレフィセントは封じ込められ、その姿は再び消えたのでした・・・。


ララはつぶやきます・・・。

「エレフィセント・・・。
確かに、世界は光のものだけではないかもしれないわ。
けれど、あなたたちは世界に不幸をもたらして楽しんでいた・・・。
私も女神様も、それは許しがたいことなのよ・・・。」


こうして、エレフィセント事件は解決。
潜入から1か月。
ついに任務を遂行したララはやっと町へ帰ることができます!

26

女神のもとへ帰ったララは顛末を女神に報告。

27

「なにはともあれ、お疲れ様でした。ララ♪」

女神はララをねぎらいました。
が。。
女神セシルはエレフィセントの最後の言葉に胸を痛めたのでした。

女神は考えます。
悪を悪というだけで一方的に攻撃するのもいかがなものかと・・・。
エレフィセントたちにはエレフィセントたちの言い分があるのでしょう・・・。
それは、自分たちとは相い入れがたいものであっても、
攻撃し、封じるだけではなく・・・・。

なにか、他の方法があるのかもしれない。と。

そうして、女神は愛をこめて祈りの力を闇の世界にも贈ることにしました。


28

闇の世界の者たちよ!
あなたたちにも愛と祝福を~~!

エレフィセントよ。
この先あなたの封印を解く日も来るでしょう。
その時はあなたにも光の祝福があらんことを♪

それまでは・・・。
私がこのかぼちゃの中のあなたを愛と光で包みましょう。

毎年、ハロウィンにはあなたのために祈りを贈りましょう~!


こうして、女神セシルの治める町リュヌでは
ハロウィンは闇を光で祝福する日となりましたとさ♪

めでたし。めでたし。


~END~


はい♪
今年のハロウィンイベントのおまけ「ショートショートストーリー」はいかがでしたか?

ただ、画像に合わせただけの、
行き当たりばったりの推敲なしのストーリーですからね(笑)
支離滅裂だったりしますが、そこはご勘弁を~~~♪

楽しんでいただけましたら幸いです~~!