FC2ブログ
魔法の石と癒しのお店「LittleCats」オーナーのBlogです。
2015年06月25日 (木) | 編集 |
こんばんは♪優瑠璃です。

テラヘルツをきっかけに、、
最近、注目しているものが、 『珪素(ケイソ)』です。



この本、凄くためになりました~(*´∇`*)

この本には、 珪素のなんたるかの説明が詳細に書かれていますし、
医師の立場での説明や実際の効能などが書かれています。
 
 珪素って、医療の世界でも認められているんですね♪
素晴らしいです~(*´∇`*)

ご存知の方も多いと思いますが、
珪素の 元素記号は、Si 
別名はシリコンです。
地球の地殻を構成する元素の中で最も多いのが酸素、
次いで2番目に多いのが、この<珪素>ですね。

その正体は小さな植物プランクトン・珪藻。
長い年月をかけて海底や湖底・土壌につもりできあがったのが「珪酸の層」
つまり化石(石英)です。
その化石が高純度99.90%で結晶したものが『水晶』ですね♪
逆に言えば水晶から酸素を取り除くことで、珪素(シリコン)が得られます。

そして、今、LittleCatsで大ブレイクしている『テラヘルツ鉱石』
実は主成分は 珪素です。
テラヘルツ鉱石の正体は高純度シリコン(金属珪素 Si)なのです。

moblog_8cf195c9.jpg

シリコンテラヘルツ波を出すのか?
これは、私のなかの好奇心をかきたてます。
1秒間に1兆回振動するテラヘルツ波をだすと言われてるテラヘルツ鉱石。
もっと、科学的にも仕組みが知りたい~(*´∇`*)
できるものなら、実験したい~(*´∇`*)

で~も♪

テラヘルツ・ボタンカットブレスレット

実際にテラヘルツ鉱石を身に付けて、
かなり体調が良いことと、免疫力が上がったことは事実です♪
テラヘルツ鉱石様様なんです。

これまでにも、理屈(左脳 )より、直感(右脳)で『良い』と感じるものは、
優瑠璃の場合、間違いないです♪
テラヘルツ鉱石も、直感で良いと感じたものでしたよ♪
お客様たちからも、たくさん素晴らしい体験談を頂いております♪
 
珪素はもともと人間の体(骨、皮膚、毛髪、爪など)に含まれ、
体にうるおいを与えているミネラルです。
テラヘルツ波も、もともと人体にあるもので、
赤ちゃんが最もたくさん持っていると言われていますね♪

テラヘルツ鉱石は、テラヘルツ波をだすと同時に 珪素powerの塊です。
人体にはそのどちらも存在しますから
どちらともが人体と共振してヒーリングを起こしているのでしょう。
珪素とテラヘルツ波の関係性 をもっと知りたい優瑠璃ですよ♪
 
あ、余談ですが。
 珪素が含まれている鉱物は、水晶だけではありません♪
 ラジウム鉱石や麦飯石、
トルマリン、ブラックシリカ、
医王石や北投石、ゼオライト、隕石
……などにも珪素が含まれているそうです♪
まぁ、他にも、石英グループに分類される鉱物には
みな珪素が含まれていることになりますね。

だから、それらの石たちは、健康に役立つ石とも言われているのだと思います。

 珪素は、身体の外側からは『鉱物』たちが作用してくれますが、、
内側から作用するには『水溶性』じゃないと意味がないようですよ♪

だからこそ、『珪素水』
もの凄く注目している優瑠璃です。

水溶性珪素水は、水晶から作れるそうです。

 純度の高い水晶石を2,000℃で溶解し、
ガス化させ、発生したガスを特殊な方法で回収し
不用な物質をろ過して純水に溶かし、
籾殻を特殊加工したフィルターを通し。。。
やっと、水溶性珪素(UMO) を抽出するそうです~(*´∇`*)

ちなみに、この本の著者たち(日本珪素医療研究会)は、
アモルファス(非結晶)水溶性珪素を推奨。
これは、完全に水に溶解する食用珪素なのだそう♪
水晶からつくる水溶性珪素(UMO)は、もちろん、アモルファスです♪

このように、人工的にじゃないと
なかなか水溶性珪素水は作れないようです。
が、
稀に自然界に天然の珪素水が存在するそう♪
水入り水晶やエレスチャル水晶に混入している水がそうらしい♪

その昔、 秦の始皇帝 が不老長寿の霊薬として、
水入り水晶の中の『水』を求めた話は有名ですが、、、
始皇帝は、水溶性珪素水 が身体に良いことを知っていたのですね~(*´∇`*)
不老長寿の霊薬、つまりは、活性酸素を除去するもの、ですね♪

時代は進化して、簡単に 水溶性珪素水 が摂取できるようになって、ラッキーな私たちです♪

LittleCatsは『癒しのお店』ですからね。
心身に良い影響を及ぼすアイテムで、
かつ、水晶が元となる 水溶性珪素水は
ぜひ、販売して皆様にご紹介していきたいと考えております。

まずは、優瑠璃とスタッフでお試しして行きます~(*´∇`*)
優瑠璃は、すでに数日前から摂取してます♪
 
経過はまた、こちらのブログおよび店頭にてお話いたしますね~(*´∇`*)