FC2ブログ
魔法の石と癒しのお店「LittleCats」オーナーのBlogです。
2017年04月23日 (日) | 編集 |
最近、本当に遅ればせながらですが、
UVERworld(ウーバーワールド)という
バンドを知りました♪

きっかけは、【一滴の影響】という、曲。


※【一滴の影響】の歌詞はコチラ


この曲は、最近、アニマックスで放送されている
アニメ【青の祓魔師 京都不浄王篇】のOP曲。

で、そのOPを聴いて、歌詞に耳を奪われました♪

この曲は、タイトルからもわかるように、
【バタフライエフェクト(バタフライ効果)】がテーマになっているようです。


ちなみに、バタフライ効果とは、
Wikipediaによると。。。

【 力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、その後の状態が大きく異なってしまうという現象】と説明されています。

例えるならば、
「今日の北京で1匹の蝶が空気をかき混ぜれば、翌月のニューヨークの嵐が一変する」 という、意味。。。

だから、【一滴の影響】
という、タイトルなのですね♪


で~も~。

わたしの琴線に触れたのは、
実はソコじゃなかった……。

耳に飛び込んできたのは、
【あれも僕のせいにしな】
【それも僕のせいにしてよ……】
と、いう、、、、

ネガティブなエネルギーを含まない
『僕のせいにしな』という、word。


おや?
っと思って聞き入った。

すると。。。

世の中うまくいかないことや
思い通りにならないことはいっぱいある。

そんなときに人は、
自分や人を責めたり恨んだりしてしまう。

うまくいかないのは、
自業自得な部分もあるけれど、
いくらばかりかは、誰のせいでもない
不可抗力なものもあるのに、と……。


その、恨みや責めてしまうエネルギーは、
停滞を作ってしまい、進むことを妨げてしまう。。。

中でも一番ダメなのは、
【自分はダメだ】って思ってしまうことだから、

そんなふうに思うくらいならば、
【君】は、全部を【僕】のせいにしていいよ。と。。。


あれも、これも、
全部を【僕】のせいにして、
【僕】以外の全ての人、事柄、
【君自身】のことすらも許してあげて、
前に進んで欲しいという。。。

なんともいえない、
この【僕】の【君】への大きな愛に、
涙がでました。


この、大きな愛に、打ちのめされて(笑)
すぐにUVERworldを検索(笑)

そして、いろいろ知りましたよ♪
この曲ができた経緯も含めて♪

うん。
やはり、良い曲です(*^▽^)/★*☆♪


この曲を聴いて、若者は
バタフライ効果的メッセージを
ダイレクトに受けとるのかもしれないけれど、

オバサン(笑)のわたしは、
やはり、【許し】に
フォーカスしてしまいましたよ(*^^*)

【君】より【僕】サイドで聴いてしまうんですよね。。。


わたしは、いわゆるスピ系に身を置いています。
スピ系とひと括りにしてしまうのは
わずかばかり抵抗がありつつ、(笑)
あえて、【スピ系】と言っときます(笑)


で、スピ系では、ね。

すべて基本【自己責任】を推奨しているんです。

何を選択するのも【自分の自由】
そのかわりすべて【自分の責任】である。

すべては、自らの魂が刈り取る……

という、
優しくて厳しい宇宙の法則を推奨しています。

※スピ系が、この『選択の自由』を掲げられるのは、
そう【できる】国に生まれているからなのは、
今回は、あえてスルー。


例えば。
自己責任を分かりやすくいえば。。。

何かを決めかねているときに、
他人に相談したとします。
そしてアドバイスを受けて、賛同し
『じゃ、そうするよ』と
全面的に従ったとします。

その結果、自分の望みどおりにならなかったとき、
『あの人がああしなさいっていったからやったら、酷いことになった』と、アドバイスをくれた人を恨む場合がありますよね。

でも、その【アドバイスを取り入れよう】と
決めたのは【自分】なんだから、
それは【自分の決断】なんです。

だから、どんなことも、
他人の選択ではなく【自分の選択と行動による結果】だと受け止めることが大切なこと、だと、推奨されているわけです。

ましてや、最初から自分だけで選び行動したなら尚更ですね。


いつだって、【他人】ではなく
【自分】の選択による結果が人生。。。

そのなかに、天候など人間の力ではどうすることもできない【なにか】によって思い通りにいかないことがあっても、

全て、なるようになっているんだと、
受け入れることの大切さを推奨しています。

うん、だいたい、この方程式は
結果的にHAPPYを招きます。 経験上。。。


が。


この、一滴の影響の【僕】は、ですね。

自業自得以外の不可抗力によるうまくいかないことへの恨みや怒り憎しみはすべて【僕】が引き受けるといっているわけです。


!!(゜ロ゜ノ)ノ


【君】が、他人や自分を責めたり恨んだりして、
立ち止まってしまうくらいなら、
すべて【僕】のせいにして、
【僕】以外の全てを許して、前進していけって。。。


こんなこと、大きな愛がないと言えないでしょう?

この、【僕】は、神ですか?

と、涙がでた次第です。



全ての恨みや憎しみを一人で受けることは、
それこそ、凡人には無理です。。。

それこそ、【自分はダメな奴だ】と
自分を責めることにたどり着くのがオチです。



でも、あくまで、歌詞なんで……。ね。
実際の出来事がモチーフになって出来た曲でも、
その言葉は、歌の世界のstory。

作詞者が常にそう思って生きていたら、
それこそ【神】です。

でも、【常に】ではなくとも、
【その時】は本当にそう思ってかかれたのだから、、、
それだけでも、凄い人だなぁと尊敬します。


だから。
そのときの【本物のオモイ】が
メロディにのっているから、
聴く人のハートに響くのですね。
そして、涙までさそってしまうのですね。


素晴らしい曲だと思います。


聴く人の立場や状況で、
受け取り方も千差万別だと思いますが……。

もし、まだ、この曲を知らない人がいらっしゃったら、
是非、聞いてみてください~(*^^*)


自分の【一滴】が生まれるかもしれません(*^^*)

"一滴の影響 Live at Osaka-Jo Hall 2016.12.21"



追記
【僕の言葉ではない これは僕達の言葉】も
UVERworldさんの曲だったんですね……(^_^ゞ
2015年、【アルスラーン戦記】のOP聴いていたのに、、、
メロディはカッコイイとは思ったけれど
歌詞は耳に飛び込んでこなかったなぁ……。

でも、いま改めて聴いてみると。。
歌詞も素晴らしいですね♪

すべては、【タイミングとシンクロ】の成せるわざかな。。。