FC2ブログ
魔法の石と癒しのお店「LittleCats」オーナーのBlogです。
2017年08月19日 (土) | 編集 |
この二日。。。
YouTubeでインプット三昧です。


イチローさん
野村克也さん
落合博満さん
桑田真澄さん

以上の四名様になぜか私のアンテナが反応して、、

それぞれの現役時代の名場面や、
引退後のいろんなトークやコメントがある
動画をYouTubeで何十とみました。
(もちろん、イチローさんは現役ですが。。。)


そして、感じたことがあります。
それは、道を極めた人の発言は
心に響く力があるということ。


ちなみに、わたしは野球ファンではありません。。。
ただ、中学のころに高校野球にハマっていたくらいです。

当時、KKコンビをはじめ、
素晴らしい高校球児がいましたから、
試合はテレビにかじりつくようにして見ていましたし(笑)
夜には熱闘甲子園という番組を必ず観たものでした。

でも、プロ野球には興味がなく、
あまり詳しくなかったのですが、、
この4名様のことはもちろん、
存じ上げておりますとも。。。
(あ、四名様しか知らないわけではございません。)


皆様、押しも押されぬ一流の野球選手であり、
名監督であったり、解説者や評論家であったり、
著書をだされていたりするわけで、、、
極端に若い世代を除いては、
知らない人はいないだろうという
有名な野球人ですよね。


なかでも、43歳で現役のイチロー選手の、
あの若々しさやしなやかさ軽やかさといったら、
素晴らしいですし。
そして野球への真摯な姿は
本当に胸を打ちますし魅力があります。



また、落合さんは、現役のころから
ビッグマウスというか
有言実行の人というイメージがあり。
いわゆる、まったくぶれない【オレ流】で
結果を残されてきた選手と記憶していますが、
監督になられてからも、やはり【オレ流】で優勝。
そしてゼネラルマネジャーになられてからも、
いろいろ【オレ流】を実行されていましたよね。

微かに笑みを浮かべたような
ソフトな話ぶりなんだけど、
言ってることは結構辛辣だったりするところも
個人的には魅力的だと感じます(笑)

それは、表情と内容がアンバランスでも
腹黒いという感じではなくて、
余裕からくる表情(笑み)だと
感じられるからでしょうかね。

思っていることがすぐ顔に出てしまう私だから
憧れるのかもしれませんね♪







そして、野村克也さんは、、、
奥様のイメージが強すぎて、
ご本人の野球人としての凄さについては
半分も存じ上げなかったのですが。。
(あ、もちろん、名監督くらいは知ってましたよ♪)

あ、《ボヤキの野村監督》
というフレーズもしっていました(笑)

しかししかし、対談の動画などを
最初から最後まで通して拝見していたら、、、
『大きくて深い人だなぁ。。』と感じました。

とくに印象的だったのは、
『人はなぜ生まれてきたのか?
それは世のため人のためだ』
と発言されていたことです。

『そういう気持ちが根底になければ
いくら野球をやったってダメだ❗』
と言われていたのを聴いて、感銘を受けました。

それから、極めつけは。
【私は自らのことを『弱者』だと思っている。
そして『弱者』こそ最後に勝つ】
という言葉。

【自分を強いと思い込んでいたら、
必ずどこかで満足や妥協が生まれ、
成長を止めることになる。
でも、弱者ならそうはならない。
だからこそ、私は弱者であることこそが
強さだと思っているのだ。】

本当に、傲りも昂りもなく、
冷静に謙虚に、かつ、
自信はしっかりと持った上での発言。

弱者、強者という表現は
あくまで野球という勝負の世界での表現で、
一般世間的にわかりやすくいえば、
弱者とは、未熟者または負け組という感じでしょうか。。

野村さんは、
人間、謙虚さが大切だと
仰っているのでしょうね。

御歳82歳。。。
深いお言葉ですね。




そして、桑田真澄さん。
わたしの中学時代のヒーローでした。
当時、PL学園を一生懸命応援してましたよ♪

桑田さんも波乱万丈ですが
常に前向きにひたむきに
野球に取り組まれてきた姿は
素晴らしいと思います。

また、引退後の活動での、
野球を学問するというアプローチも
分かりやすくて興味深いです。

さらには、桑田さんは言葉の隅々に
《感謝》のエネルギーが満ち溢れていらっしゃるので、
本当に尊敬しますし、素晴らしいと感じます。



わたしがこの四名様に感銘をうけた共通点は、
きっと【ぶれない自分】をお持ちなところだと思います。
そして、ハートが強いというところでしょうか。

そして、野球への感謝とか恩返しといったものを
しっかりと行動で示されているところでしょうか。

【自分が生かされてきた(いる)世界に恩を返していく】
という姿でしょうか。

もちろん、イチローさんは現役ですから、
また少しちがってくるでしょうが、
それでも、【自分だけ】ではなく、
仲間や取り巻く世界を大切にされているところが
素敵だと思います。。。


そして、みなさん。
自分の考えに自信をもっていて、
貫いていらっしゃるところが一番素敵です。

素晴らしいと思います。

わたしは、ひとつのことを貫くことが苦手なので、
羨ましいですし憧れます。

どちらかと言うと、わたしは【変化】と【スピード】を好むので、【その時】のエネルギーの流れみたいなものに乗っかって、自分のやりたいことをアレンジしながら進めていくタイプ。

良く言えば柔軟ですが、悪く言えば流動的。
飽きっぽいともいえますね(笑)

じっくり腰を落ち着けて、
ひとつのことを繰り返し繰り返し行い
極めていくことは苦手です。。。

だから、このように
【極める人】が好きですし、
尊敬いたします。


この4名様は
【自分を大切にできている人たち】
だと思うんですよね。。。

自分を大切にできるから、
他人のことも大切にできるのだと思いますから、
自然と周囲から慕われるのでしょうね。


私はまだ自分を大切にしきれていないので、
本当の意味で他人を大切にできていないと感じます。

そもそも。。。
私は自分のためには力を発揮できないんですよね。。。
誰かのためでないとやる気もでない。。。

たとえば、料理。

誰かに食べさせたいときは、
すごく楽しく作れますし、
凝ります~~♪

が、自分が食べるための料理は、
かなりどうでもよくて(笑)
手抜きもいいところです。

ただし、栄養はとらなくてはいけないから、
ちゃんと作りますが、ね。。。


また、私は徹夜して
仕事をしてしまうこともザラですが、、、
それも、お客様が喜んでくださるから
頑張れるんですよね。。。

商品を産み出したり、
資料を作成したり、、、
店内のディスプレイを変更したり、と
さまざまな作業を朝までかかってでも頑張れるのは、
お客様が笑顔になってくださるのが嬉しいからなんです。


喜んでくださるお客様がいらっしゃらなかったら、
多分怠けます(笑)
多分、なんにもしません(笑)


そして、従業員さん(スタッフ)がいるから、
仕事に対する責任感が増して、
物凄く勤勉になっていると思います(笑)
自分だけなら、もう少しゆる~いペースで
仕事を進めていると思います。


こんなふうに。。。
私は、あくまで、【人】がいてこそ
自分を動かすことができます。
つまり、他人主体なんです。

※ここでいう他人主体とは、
自分の意思がないという意味ではありません♪
何かを決定したり行動に移すときに、
自分より他人を優先しやすいという意味です。
この傾向は子供のころから気がついていて、
自分の長所にもなるけれど、
欠点になる場合もあると認識してきたものですから…。
選択や決断のときには、なるべく
【他人はどうしたいか?】より
《【自分】はどうしたいか?》を基準に
して決断するように考え方を矯正してきました。

しかし。
やはり、気を抜くと、他人(周囲)はどうか?
という他者主体になることが多くなってしまいます。

これは悪いことではないのですが。。。
もう少し、【自分】を優先させる癖を
つけなくてはならないなぁ、と思います。


が。
それもわたしの持ち味だからなぁ…とも
思います。

だって。
誰かが喜んでくださると、自分も嬉しいから。。。
他人主体の生き方でも、巡り巡って、
結局は自分のため(自分主体)になるのですよね~(*^^*)


しかし、他人主体ばかりだと、ね。
相手に合わせて、
柔軟で流動的な受身ばかり
上達してしまうわけで。

バレーボールでいう
リベロみたいに拾いまくるだけで
アタックはできない感じになってしまいます。
(注:リベロは素晴らしいポジションです。)

それはそれで、構わないのですが、、
いまは、まがりなりにも経営者をやっていますので、
それだけだと不具合が発生するんですよね。。。


だいたい、本質では、
縁の下の力持ちな人生のほうが向いているのに…。
いま経営者として一番上にいること自体が
間違っている気さえします。

本当はね。

しっかりしたトップの下で
トップをサポートをするのが適役な私なのに。。。
とおもいますが、
自分でやりだした店と会社ですから~(*^^*)
もうしばらくは、一番上で、
みなを引っ張っていく役割なのでしょうね。。。

(とは言っても、うちの場合、
一方的にわたしが引っ張るのではなくて、
スタッフの意見をかなり取り入れて
いろいろ決めていますけどね。。)



だいたい、わたしが感じるわたしの本当の役割は
《繋げる》ことだと思っていますから、、、

いまは、LittleCatsという場所で
お客様と石を繋ぐ。
お客様とお客様を繋ぐ。
多次元のエネルギーを繋ぐ。

という役割はそれでも果たせていると思います。


占星術のネイタルチャートでは
《癒す》ことが天職らしいですが、
マヤ暦占星術では
《絆を繋ぐ》とか《地球を癒す》ことが
天職らしいです♪

統合すれば【絆を繋いで癒す】ことが
私が天から授かった役割かもしれませんね。


しかし、しかし、
かなり、自信が足りなくて
生き方がブレてしまうことも多いので、、、


きっと、それぞれの【オレ流】な
野球人四名様の生き様から学びなさい♪と、
スピリットガイドたちが
YouTubeに導いてくれたのだと、思います。



こうして、この夏期休暇は、
インプット三昧です♪